データプライバシーデー: セキュリティ専門家に聞く「プライバシーの守り方」

本日 1 月 28 日はデータプライバシーデーです。これを記念して、ソフォスのセキュリティ専門家たちにネット上でプライバシーを守るためのアドバイスを聞きました。

多要素認証 (MFA) の活用 – Benedict Jones

昨今のサイバー犯罪は、詐欺/不正使用関連のインシデントが大多数であるため、可能な限り多要素認証を有効にすることを推奨します。MFA を使用すれば、あなたのアカウントを不正アクセスから保護するレイヤーを 1 つ追加できます。

Web カメラカバーの活用 – Victoria Townsley

ハッカーがあなたの PC の Web カメラにアクセスできる可能性はゼロではありません。対策として Web カメラカバーを使用しましょう。

デバイスには複雑なパスコードを – Alice Duckett

電子メールやソーシャルメディアのアカウントのパスワードだけではなく、ノート PC やスマートフォンのパスコードも推測されにくいものを使用する必要があります。スマートフォンのパスコードは少なくとも 6 桁にすることを推奨します。

使用するアプリに注意 – Matt Boddy

アプリをダウンロードする前に、必ずそのアプリが求める許可の内容を確認しましょう。使わなくなったアプリをアンインストールすることも重要です。

ソーシャルメディアでのシェアについて – Anna Brading

ソーシャルメディアでのプライバシー設定を確認してください。誰があなたの投稿を見ることができるのか認識し、可能な限り公開の範囲を狭めましょう。

デジタルタトゥーを確認 – James Burchell

ネット上では、何を投稿しているかだけでなく、何を使っているかも確認することが重要です。古いソーシャルメディアアカウントや電子メールアカウントで使用していないものがあれば、削除してください。

電子メールで重要なデータを送らない – Rajeev Kapur

電子メールで送信する情報には慎重を期してください。「この情報を誰かに見られたら、どのような問題が起きるか」を考えてみましょう。

パスワードの使い回しはしない – Mark Stockley

個人のセキュリティ向上のためにできる最も単純なことは、アカウントやデバイスごとにそれぞれ異なるパスワードを設定することです。

ソーシャルメディアでシェアする内容に注意する – Herb Weaver

誕生日や住所といった情報は、サイバー犯罪者にとって有益なものとなります。同様に、旅行の計画をシェアすれば、家が無人であることを地元の犯罪者に知らせることになります。

ソフトウェアを最新のバージョンに – Rawan Missouri

すべてのデバイスで、ソフトウェアを最新バージョンにアップデートしてください。アップデートすることで、サイバー犯罪者に悪用される脆弱性が修正されます。アップデートしなければ、サイバー攻撃に対して無防備なままです。

毎日がデータプライバシーデー – Paul Ducklin

今日が公式のデータプライバシーデーかもしれませんが、明日も、明後日も、明々後日もデータプライバシーデーであることを忘れないでください。禁煙と同じで、今後のデジタルライフで継続していく必要があります。